シェアハウスといえば自分の時間がないけど、同居人たちとの楽しい時間が待っているってイメージでした。ドラマのイメージか何かなんですかね。なんでこういったイメージになっているのかは自分でもよく分からないんですけど、今住んでいる東京のシェアハウスでの生活が始まるまではそんなイメージだったんです。でも実際にシェアハウスでの生活を初めてみると、そうでもないんだなって。むしろ自分の時間がしっかりと確保出来るし、そもそもシェアメイトたちとのコミュニケーションの時間もそこまで長くないんですよ。もちろん全くない訳じゃないんですけど、本当に少ないですね。誰もが生活があるので、そんな毎日のように騒いでいる訳には行かないってことですよね。冷静に考えればよく分かることなんですけど、自分ではそれがよく分かっていなかったんですよね。だから実際に生活を始めてからはシェアハウスってこんなに静かで快適なんだなって驚いたくらいです。