メリットも盛りだくさんなシェアハウスですけど、自分が住んでいる東京のシェアハウスではとあるメリットがあるんです。個人的に、それだけでも今のシェアハウスにして良かったなって思っている部分なんですが、それは自転車のレンタルがあるんです。自分は東京のとあるシェアハウスで暮らしているんですけど、地元から出てきているので東京をもっと楽しみたいって気持ちがあるんです。でも毎回のように電車を使っていたら交通費だってそれなりになっちゃいますし、かといって歩きでは行ける範囲だって限られちゃうじゃないですか。でも今のシェアハウスには自転車があるんです。それもまた、共用なのでそこまでハイスペックではないんですけど、たまにその自転車で遠出することもあります。東京のいろいろな街を見れるので、結構ありがたいなって思っているんですよね。むしろそれを楽しめるだけでも今のシェアハウスにして良かったなって思っているくらいです(笑)

シェアハウスで静かな生活を送っていると聞けば、きっと多くの人が「そんなはずはない」と思うでしょう。でも、実際にシェアハウスで暮らしたことがある人であれば納得していただけるんじゃないですかね。自分もそうです。以前はシェアハウスは毎日のように宴会騒ぎでもして、楽しい日々を送っているのかなって思っていたんですけど、実際にはそんなことはないんですよね。むしろシェアハウスでも個人個人の生活をとっても大切にしているなって印象なんですよ。でも実際に東京のシェアハウスでの生活を初めてみると、きっと東京だからとかではなくて普通にどのシェアハウスでもそうなんだろうなと思うんですが、それぞれ自分の時間を大切にしています。もちろんたまにキッチンやリビングなどの共用スペースで会えば話もしますし、一緒にご飯を食べることもありますけど、無理をしているとかじゃないんです。自分の生活を何よりも優先しつつ、余裕のある時に話すくらいですね。

シェアハウスといえば自分の時間がないけど、同居人たちとの楽しい時間が待っているってイメージでした。ドラマのイメージか何かなんですかね。なんでこういったイメージになっているのかは自分でもよく分からないんですけど、今住んでいる東京のシェアハウスでの生活が始まるまではそんなイメージだったんです。でも実際にシェアハウスでの生活を初めてみると、そうでもないんだなって。むしろ自分の時間がしっかりと確保出来るし、そもそもシェアメイトたちとのコミュニケーションの時間もそこまで長くないんですよ。もちろん全くない訳じゃないんですけど、本当に少ないですね。誰もが生活があるので、そんな毎日のように騒いでいる訳には行かないってことですよね。冷静に考えればよく分かることなんですけど、自分ではそれがよく分かっていなかったんですよね。だから実際に生活を始めてからはシェアハウスってこんなに静かで快適なんだなって驚いたくらいです。