一人の時間なんて無いだろうって思っていましたし、それこそシェアメイトたちで連日のように騒いでいるので、明るかったり社交的な人であれば楽しいだろうけど、自分のようなタイプの人間にはシェアハウスはあまり向いていないんだろうなって思っていました。でも東京の他の物件の家賃との兼ね合いを考えた時、はっきり言ってこの額はヤバイなって思ったんですよ。それでシェアハウスにしてみたんです。でも、自分のそんなイメージこそ誤解したイメージだったんだなってことに気付かされたんです。実際に暮らしてみると、東京のシェアハウスではあるものの、やっぱり静かなんですよ。もちろんシェアメイトはたくさんいますけど、皆別に騒ぎたいからシェアハウスに住んでいるのではなくて、合理性を求めているんですよね。だからみんな一人の時間を大切にしているので、毎日のようにどんちゃん騒ぎなんて起こっていません。だからこそ快適な生活そのものなんです。

シェアハウスでの生活は大正解だなって思っています。正直、それまでシェアハウスで暮らしたことなんて無かったので、イメージばかりが先行していました。それでも東京の他の物件は高いし、住むというよりも居るだけで、快適な生活を送れるものではないだろうなって気持ちになってしまっていたんですよね。でも気付いたんです。シェアハウスの方が良いんじゃないかなってことに。それでシェアハウスにしてみたんですけど、実際に暮らしてみると相当快適な生活が待っていることが分かったんです。むしろなんでシェアハウスがここまで大きな支持を集めているのかがよく分かりました。これだけ設備も揃っているし、その上で自分の個室もあるしで当初抱いていた「自分の時間はないだろうな」とか「毎日のようにシェアメイトが宴会騒ぎでもしているのかな」といったものは、完全に自分の誤解でしかなかったんだなってことに気付かされたんですよね。だから快適そのものですよ。

当初は今の東京のシェアハウスで暮らす時、もしも馴染めなかったらすぐにでも違う所というか、やっぱり多少高くても良いから一人暮らしをしようって思っていたんです。何せシェアハウス生活の経験なんてないんです。情報をどれだけ仕入れたとしても、自分に合っているのかどうかなんて分からないじゃないですか。だから自分でも本当に悩まされましたけど、いざ住んでみるとその思いはすぐに消えました(笑)むしろこれだけ便利なら、当分はここで良いかなって気持ちにもなっています。何が便利って、すべてが快適です。一番懸念していたのは住人同士の人間関係です。馴染めなかったらどうしようという思いはありましたけど、むしろそれが無知でしたね。はっきり言っちゃえば、シェアハウスでの人間関係はあまり濃くはないんです。でもそれが良いんです。誰もがそれぞれの適正距離を保っているので、一緒にご飯を作って食べたりくらいはしますけど、自分の時間を阻害されることはないですよね。